ホーム >ご案内

ご案内

ご案内

院内設備1
院内設備2
診察室
診察室
X線撮影室
X線撮影室
リハビリ室
リハビリ室
処置室
処置室
低周波治療器
低周波治療器
超音波エコー
超音波エコー
自動間欠牽引装置
自動間欠牽引装置
温熱治療器
温熱治療器
診療科目整形外科・リハビリテーション科

診療科目

診療科目

整形外科

リハビリテーション科

診療のご案内

診療のご案内

当クリニックでは、腰痛、肩こり、関節痛、腱鞘炎、外傷など整形外科一般の保存的治療を行います。問診、診察、諸検査を行ったうえで患者様のニーズに最適な治療方針を提案させていただきます。

また、検査では透視も可能なX線撮影装置を導入し、X線透視下での神経ブロックなどの治療も行えます。更に、骨粗鬆症の診断と治療方針決定に有用な骨密度測定装置もありますので、ご心配な方はどうぞお申し出ください。
リハビリ室では、各種温熱療法器具や牽引装置、ウォーターカイネ(ベッド)などの物理療法器具もそろえ、患者様の症状に応じて使用いたします。

スポーツによる怪我、外傷はもちろん、体の使い方へのアドバイスも含めた診療を行っております。MRIや手術においては、八戸市民病院、労災病院他、近隣の病院と連携を取り対応しております。

地域基幹病院への紹介が必要な患者様にも責任をもって対応いたしますので、気軽にご相談ください。

リハビリテーション

リハビリテーション

専門の理学療法士によるリハビリテーションを行っており、間接の拘縮の改善、筋力の回復、痛みを軽減させることを目的に各種リハビリ機器も併用しております。また、骨折などの手術後や脊椎や関節の手術後のリハビリテーションも行っております。

検査機器

検査機器

〈放射線撮影及び透視検査〉

骨折や脱臼、関節の変形、骨の腫瘍など主に骨の異常がないか確認するためのX線検査です。また骨折や脱臼の整復状態を確認するため透視検査も行います。

放射線撮影

〈骨密度測定機器〉

骨粗鬆症の診断のための機器で、若い方と比べてどのくらいか、また同年代ではどのくらいの骨の丈夫さかという判定を行います。

〈筋電図検査〉

主に手指のしびれや力が入らないといった神経症状のある方に対して、末梢神経の機能をみる検査です。親指から薬指の半分までしびれる手根管症候群や、小指側がしびれる肘部菅症候群の診断に有効です。

〈超音波診断(エコー検査)〉

主に筋肉や靱帯、腱や腱鞘、神経の病変、また軟部腫瘍の確認に行う検査です。肉離れや捻挫での筋肉や靱帯や腱の損傷状態や神経の圧迫、腫瘍の存在などを診断できます。

超音波検査

リハビリテーション科からのメッセージ

リハビリテーション

当クリニックでは普段の生活でのストレスから生じる痛み(五十肩、腰痛、変形関節症など)や外傷(骨折、靱帯損傷など)により歩行や日常生活での動作に支障を来している方に対して、機能改善とともに日常生活での動作指導などのリハビリテーションを実施しています。また、他院で手術された方や術後のリハビリテーションを行っていた方についても当院で対応しています。
なおリハビリテーションは注射や投薬と同様に医師から処方されるため、まずは診察を受ける必要があります。

理学療法士
二本柳 洋

受付・診察申込をする
 

診察およびリハビリが処方されます
※診察でリハビリの必要が判断がされるため、必ずしも必要となるとは限りません。
まずは医師にご相談下さい。

リハビリの予約日(日時)を決めます
 

予約日に来院しリハビリ開始
※診察日にリハビリの予約枠の空きがあれば同日に実施できます
受付・診察申込をする
診察およびリハビリが処方されます
※診察でリハビリの必要が判断がされるため、必ずしも必要となるとは限りません。まずは医師にご相談下さい。
リハビリの予約日(日時)を決めます
※診察日にリハビリの予約枠の空きがあれば同日に実施できます
予約日に来院しリハビリ開始
 

低周波治療器、ホットパック、ウォーターベッドによるマッサージ、牽引(腰・首)、CPM(ひざ:持続的多動運動)、これらの機械による物理療法は予約の必要がございません。


(c)くどう整形外科クリニック All right reserverd.
お問い合わせ